ENTRY
狭い賃貸住宅でも快適に暮らす方法

賃貸物件をきれいに使うメリット

賃貸物件は、借りている間はその物件を自由に使う権利を得る事が出来るものです。周辺住民に迷惑がかかるような行為はもちろんダメですが、返却時に原状回復をするという条件下での自由が認められているのです。逆を言えば、普通に生活をしていただけだとしても、つけてしまった汚れや傷などに関しては、退去時に補修をしなければならないという事になります。敷金を支払っている物件であれば、そこから支払われ、敷金を支払っていない物件では修繕費の請求を受けるという事になります。

このため、賃貸物件を出来るだけきれいに使う事によって、敷金が多く返ってきたり、修繕費の請求を受けずに済むといったメリットが発生するのです。気をつけて使うという精神論だけでは、毎日の事なのでうっかりミスなどが発生してしまう事もあります。そのため、床や壁など汚しやすそうな場所には、あらかじめ十単やマットなどで保護をしておくと良いでしょう。キッチンや玄関、部屋の出入り口には必ずマットを置くようにしたり、フローリングや畳の部屋にも絨毯を敷いたりすると安心です。子供のいる家などは、低い位置に手あかの黒ずみがつきやすいので、つかまりそうな場所はクロスなどで保護するのも一つの方法でしょう。

話題の賃貸関連情報。このwebサイトでチェックしてみてください