ENTRY
狭い賃貸住宅でも快適に暮らす方法

賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる前に、自分がここだけは譲れない、という点を整理してメモに書いておくべきだと、私は思います。私の場合は、とにかく騒音がするのが耐えられない、夜明るすぎる地域に住むことはできない、という条件が明確でしたので、あらかじめそのことを不動産会社に伝えるようにしました。そうすると、落ち着いた住宅街の中の物件を紹介してもらえました。結果的に、静かに暮らすことができています。

住んでみると、その賃貸物件や地域について、不満はそれなりに出てきます。けれども許せる範囲での不満です。ぱっと考えつく限りで、絶対に譲れないという条件を不動産会社に伝えることくらいで十分だと私は思います。後のことは実際に住んでみないと分かりませんし、深く考える必要はないのかな、と思うのです。とはいえ、実際に一人暮らしをしたことがある人であれば、ある程度の予測はつくものですが、一人暮らしをしたことがない人は、あまり実感がないかもしれませんね。そういう場合に、インターネットを使って色々と調べる、という手段もあります。インターネット上では、人々の正直な意見を聞くことができます。あくまで参考程度にのぞいてみるのもいいかもしれませんね。

話題の賃貸関連情報。このwebサイトでチェックしてみてください